ブエノスアイレスの闇両替事情【2016年5月現在】

cambio (c)Megumi Mitani Argentine

こんにちは。アルゼンチンの牛肉、赤ワイン、ジェラート の美味しさと価格に毎日感動を覚える、三谷めぐみです。

昨日はブエノスアイレスの治安と安全対策について書きました。

今日はアルゼンチンに来たら「闇両替」と言われるくらい公式レートとの差がある、アルゼンチンの両替事情について書きます。

2016年5月現在の闇両替事情

f:id:megintheworld:20160506060650j:plain

Photo: 100ペソはエビータ。紙幣のデザインは近々変わるとか。

私たちが最初の1週間滞在したホテルはフロリダ通りにあり「Cambio Guys」がいました。今利用しているコーワーキング・スペースもフロリダ通りからすぐなので、今も毎日のようにCambio Guysに声をかけられます。

「Cambio Guys」とは私が勝手にそう呼んでいる、フロリダ通りで「ガンビオ〜」「ガンビオ〜ガンビオ〜」と観光客に一日中声をかけて闇両替をする人達の事。
Cambioはスペイン語で「両替」という意味です。

アルゼンチンの経済は動きが激しいので、アルゼンチン・ペソも不安定。日によってUSドルとペソの価格が結構変わることもあります。

そのため、アルゼンチンには公式レートと闇レート(ブルーレート)があります。

最近まで、公式レートと闇レートは1.5倍〜2倍くらい違うこともあったでの、バックパックーや世界一周旅行者の間では「パタゴニアに行く前にブエノス・アイレスのフロリダ通りでUSドルをアルゼンチン・ペソに闇両替する」というのが旅費を抑える為のトラベルハックだったとか。

ただ、今現在(2016年5月)は公式レートと闇レートの差は僅か。

例)1USD= 公式レート 14.54 peso 闇レート 14.66 peso

先月は1USDで50pesoくらい開きがあったけど、今は10pesoしか変わらない。

公式レートと10pesoしか変わらないのであれば、偽札を混ぜられるかもしれないブルーレートで両替する必要もないと思い、結局一度もCambio Guysのお世話にはなっていません。

公式レートと闇レートの差が縮まったこと、USドルは何かあった時のために持っておきたいので、私はクレジットカードやATMを利用しています。
結局これが一番簡単で安全でベストな方法だと思うので。手数料やレートの詳細については別記事に書きますね。

★今日のスペイン語★

「座る?」「座りなよ」siéntate

パレルモのアパートからコーワーキング・オフィスがあるセントロまで毎日電車で通っています。

ブエノス・アイレスの地下鉄は結構混んでいる事が多く(通勤ラッシュやお昼時間帯は特に)だいたい立っているのですが、席が空くと肩を叩いて「siéntate?(シエンタテ?)」とか「siéntate!(シエンタテ!)」と空いた席を指差して教えてくれるのです。

男性だけでなく、時には60代くらいのおばさんまで「座りなさいよ」と言ってくれた事があります。おばさんは次の駅で降りたからだと思うけど、こういうちょっとした優しさがとても嬉しく感じます。

もし電車で「siéntate?」と言われたら「Gracias! 」と言って素直に座りましょう。

もちろん、その後に高齢者や子連れが乗ってきたら「siéntate」といって席を譲ります。日本でたまに見かける「寝たフリ」や「気が付いていないフリ」はとても恥ずかしいことです。気持ちよく席をましょう。

アルゼンチンに行く際には海外旅行保険もお忘れなく。

mitmeg.com

 

コメント