ブエノスアイレスの治安【2016年5月現在】

PlazadeMayo(c)Megumi Mitani Argentine

こんにちは。「今朝起きたらスペイン語が話せるようになってたの〜」と言ってみたい、三谷めぐみです。

ブエノスアイレスはアルゼンチン最大の都市。しかし英語が通じる事が少なく、スペイン語の必要性を日々感じています。毎日少しずつ「はじめてのスペイン語」を勉強中😂

今日はブエノスアイレスの治安についてです。アルゼンチンの日本語での情報は本当に限られていて、特に最新の情報はなかなか見つけられません。

というわけで、ブエノスアイレスに来て3週間経ったので、2016年5月現在の治安状況と防犯対策について書きます。

アルゼンチンは本当に危ないのか?

「アルゼンチンは治安が良くない」「特にブエノスアイレスは要注意だ」とこれまで世界中で会った旅人から聞いていました。

最新情報を調べようとネットでリサーチすると、スリ・強盗・詐欺などの情報ばかり。

4月のある日。NYCからチリのサンチアゴを経由しブエノスアイレスの空港に降り立った日本人の私とアメリカ人のパートナー。

「ついに来た!アルゼンチン!」という喜びよりは、緊張の方が優っていて2人とも警戒心に溢れていました。空港内だからと言って安全とは限らない。むしろ旅行者は狙われていることが多い。

とりあえず空港内のカフェでコーヒーを飲んだ後、タクシーでホテルへ向かうことに。
UBERを呼ぶつもりだったけど、捕まらなかったので仕方なくタクシーを利用。

ホテルがあるのは、San Nicolás(サン・ニコラス)という中心地。

ブエノス・アイレス名物のCambio Guys ( *後述) がいるフロリダ通りのすぐ近く。
ホテルが立ち並び、観光客も多いけれどビジネスマンも多い慌ただしい場所だった。

タクシーの車窓から見たブエノスアイレスの第一印象は「うん。気をつけたほうが良さそうだな。」だった。

ブエノスアイレス滞在3週間経過

あっという間に3週間が過ぎた。

今の所、危ない目にはあっていない。幸いトラブルや犯罪も一度も見かけていない。
ブエノス名物と聞いていた「ケチャップ強盗」にも遭遇していない。
(ケチャップ強盗とは、ケチャップや謎の液体を気づかれないようにターゲットにかけておきながら「あら、何かついてるわよ〜。拭いてあげる。」と親切心を装って近寄って来てスリをする人たち。おばさんが多いらしい。)

たまたま運が良いだけかもしれないけど、地下鉄に乗る時や街中を歩く時にはかなり気を張るようにしている。

安全対策はローカルを見て学ぶ

28ヶ国旅して来て学んだことのひとつ。
海外での安全対策は「ローカルを見て学ぶ」。これに尽きると思っている。

なぜなら犯罪の傾向や安全対策は国によって違うから。

ブエノスアイレスに着いて最初の5日間はほぼ手ぶらで出掛けた。
洋服のポケットにiPhoneと簡易的なおサイフ(クレジットカード1枚と40USD)だけを入れて。

正確には、カード1枚と20USDをおサイフに、残り20USDはポケットに入れていた。これは強盗に遭遇した時に投げる護身用の20ドル。

一眼レフカメラを持ち歩きたい気持ちも抑え、まずは街中にいる人をひらすら観察した。

5日間で学んだ事は以下。

・バックパックやカバンは歩く時でも前に抱える(電車の中では絶対)

・携帯をチェックする時は立ち止まって周りを確認してから

・人混みでは常に周りに視線を配る

・女性はスカートよりパンツで外出
 スカート率は本当に低い。5%くらい。
ディナーや観劇・タンゴの時はドレスアップするのだと思う。

・颯爽と歩く(フラフラと目的がないような歩き方はしない)

・すぐに現金が出せるようにしておく(みんなポケットからスッと出す)

ブエノスアイレスは多民族な場所だけど、アジア人は少なく、日本人はそこにいるだけでなんとなく目立つ。

レストラン、電車の中、コーワーキング・スペースでさえも、アジア人が珍しいのかよくジッーと顔を見られる。決して差別的な感じじゃなくて「あ、アジア人だ。日本人か?中国人か?韓国人か?」的な感じで。

ただでさえ目立つ=ターゲットになりやすいので、せめて行動だけでも現地の人に近づけてリスク回避したいもの。

これからアルゼンチンに行く方の参考になれば幸いです。

アルゼンチンに行く際には海外旅行保険もお忘れなく。

mitmeg.com

コメント

  1. […] 昨日はブエノスアイレスの治安と安全対策について書きました。 […]