南米に行く前に覚えておきたいスペイン語<超初級編 15語>

Argentine spanish (c)Megumi Mitani Argentine

こんにちは!はじめまして!三谷めぐみです。

2015年の夏に会社員を辞め、旅人になってから9ヶ月が経ちました。現在、アルゼンチンのブエノスアイレスでこのブログを書いています。

このブログを始める前は、アメリカ人のパートナーと”Travel Differently”をテーマに、英語で『旅』に関する記事を月に5,6本書いていました。

日本人とアメリカ人の旅行スタイルの違い、初めての海外ひとり旅について、インターナショナル・カップルで旅することの面白さ、遠距離恋愛中のチャレンジ、それぞれのお気に入りの国や都市について紹介するサイトを運営していました。

しかし、全て英語。日本人の私としては「日本語でも発信したい」という想いがだんだん出てきたのでこのブログを始めることにしました。

海外旅行や海外暮らしに興味がある方に楽しんでもらえたら嬉しいです😊

覚えておきたいスペイン語 <超初級編>

さて。やっと本題(笑)

今日は南米を旅する前に覚えておきたいスペイン語をご紹介します。

私が初めて南米に来たのは2013〜2014年の年末年始。有給休暇を取ってひとり旅でペルーとボリビアに行きました。その時「覚えておいて良かったなぁ」と思った単語は以下の15語。

こんにちは

Hola!

「オラ!」

元気?

¿Como estás?

「コモエスタス?」

おはようございます

Buenos Días

「ブエノスディアス」

おやすみなさい

Buenas Noches

「ブエノスノチェス」

ありがとう

Gracias

「グラシアス」

どうもありがとうございます

Muchas Gracias

「ムーチャス グラシアス」

はい

「シー」

いいえ

No

「ノン」

バイバイ

¡Chao!

「チャオ」

また明日ね

Hasta Mañana

「アスタ マニャーナ」

さようなら

Adiós

「アディオス」

日本 / 日本人

Japón / Japonesa

「ハポン / ハポネサ」

友達

Amigo

「アミーゴ」

おいくらですか?

¿Quanto cuesta?

「クエント クエスタ?」

トイレ

Baño

「バーニョ」

観光地に行くのであれば、これだけ覚えておけばなんとかなります!

私が行ったマチュピチュ、クスコ、ウユニなど有名な観光地では、ホテルやレストランはほとんど英語が通じました。旅先で出会う人もみんな英語で話しかけてきたので、特に困ることもありませんでした。

「南米に行く予定だけどスペイン語が全く分からない〜!どうしよう〜!」という方は、とりあえずこの15語を覚えておくと良いと思います。

次は<初級編>。スペイン語での挨拶について書きます。

コメント