【スリランカひとり旅】キャンディでオススメのホテル

Sevana CIty Hotel (c)Megumi Mitani Sri Lanka

こんにちは!フルタイムトラベラー、三谷めぐみです。

スリランカでは2週間で8軒のホテルに泊まったんですが、紹介したいな!と思えるホテルは3,4軒でした。そのうちの1軒が前回書いたコロンボにある「スターアニス ブティック カプセルズ(Star Anise Boutique Capsules」、そして2軒目がキャンディにあるセバナ シティ ホテル(Sevana City Hotel)です。

スリランカ観光の中心とも言える街自体が世界遺産に登録されているキャンディ。有名な歯仏寺やキャンディ湖、広〜いボタニックガーデンなどがあります。街の規模もコロンボの次に大きいし、キャンディから先の旅のプランを決めていなかったので3泊することにしました。

私がキャンディで泊まったセバナ シティ ホテル(Sevana City Hotel)は日本人旅行者の間では結構有名なホテル。地球に歩き方にも載っているし、ホテルサイトのレビューでもたくさんの日本語レビューをみることができます。

部屋は1泊2000円〜3000円のスタンダード・ルームと、2018年8月に完成したばかりのデラックス・ルームの2タイプ。デラックスでも1泊10,000〜15,000円で泊まれます。部屋の様子は LINE トラベルjp への寄稿記事 で詳しく紹介していますので、こちらでは取材の裏話を少し。

スリランカのホテルって高級ホテルでない限り、サービスやホスピタリティはあまり期待しない方が良いんですね。でも「セバナ シティ ホテル(Sevana City Hotel)」はホテルに着いてからチェックアウトまで素晴らしいホスピタリティでもてなしてくれました。

Sevana CIty Hotel (c)Megumi Mitani

ダンブッラからバスで2時間、キャンディに到着。バスターミナルからも歩けるけど、スーツケースがあったのでトゥクトゥクに乗ることに。

5分ほどしてホテルに着くと、ドアマンがいる。
あれ?ここバジェット・ホテルだよね・・?

チェックインの手続きをしていると、冷たいおしぼりとウェルカムティーを10代の若い女の子(←アラフォー発言w)が運んで来てくれて、コンシェルジュでもあるホテルのマネージャーが観光客が聞きたい情報を教えてくれるという、なんともスムーズでウェルカミングな対応👏😃

そして、ドアを開けてくれた年配の男性スタッフがスーツケースを階段で4階まで運んでくれ、チェックアウトの時も1階まで運んでくれた。
(日本人の皆様!格安ホテルであっても、何かしてもらった時はチップをお忘れなく。)

夕方、部屋で紅茶が飲みたくてタンブラーを持って1階に降りたら、顔を見るなり「Hot water?」と言ってこちらがお願いするまでもなく用意してくれたりと、普通の格安ホテルではあり得ないサービス精神とホスピタリティに感動。客室も快適だだったので、翌朝、取材させてもらうことに。

マネージャーに話を聞いた後、荷物を部屋まで運んでくれたスタッフがホテルを案内してくれました。彼はセバナシティホテルで28年も働いてるベテラン。昔、ホテルの向かいにあったレコード店で働いていたけど、そのお店が閉店することになって、ホテルから声をかけてもらったそう。

キャンディの街が一望できる屋上のプールを案内してくれた時に「ここからの景色は夜もキレイだよ。キャンディの夜景を眺めながらのビールは最高だね。あまり大きな声でも言えないけど😉」とニコッと笑った笑顔の中に、このホテルがアットホームでホスピタリティに溢れている理由が分かった気した。

ホテルから見て左向かいにある、サモサとか売っているお店のおじさんたちも見た目ちょっと怖いけど、常連さん含めみんな優しいので寄ってみてね。

コメント

  1. […] バジェット・ホテルなら2,000円でシングル・ルームに泊まれるし、5つ星ホテルでも1万円ほど。スリランカの有名な建築家、ジェフリー・バワのホテルでさえ1泊2〜3万円で泊まれちゃいま […]