東京で予約した民泊に泊まれなかった話

Tokyo Minpaku (c)Megumi Mitani Airbnb

こんにちは!フルタイムトラベラー、三谷めぐみ (@meg_intheworld)です。

3週間近く移動が続いていたのでブログも更新できませんでした。
現在アメリカにいます。今回は入国時のイミグレーションで別室送りになったりトラブルもあったのですが、楽しく暮らしてます。

前回、大阪のAirbnbで2ヶ月暮らした話を書きましたが、その続き。民泊新法後はじめての東京での民泊の話です。

私達はだいたいどこの国でもAirbnbで暮らしているのですが、今回はBooking.comで民泊施設を予約しました。

東京の民泊施設は以前と比べると料金が跳ね上がっており、早めに予約しないと高額物件しか残っていなかったりします。

なので、今回は1ヶ月以上前にBooking.comで池袋にあるマンションの1室を予約しました。

池袋駅まで徒歩7分、写真で見る限りリノベーションしたばかりの新しくて綺麗な部屋で、家電も全て揃っており、レビューも8.0以上。この部屋が1泊5,000円(清掃料金は別途5,000円)で出ていました。

都心部にしては破格なのですぐ予約をして支払いも済ませました。

予約してから2週間ほど経った頃、予約した部屋をBooking.comのサイトで見ると「現在この部屋は予約できません」と赤字で表示されていました。

「え?どういうこと?」と思った私は、すぐに問い合わせることに。

Booking.comを通してメッセージを送れるので送ろうとすると「中国語か英語でお願いします」とあったので、英語で「私達は11月〇〇日から4泊予約していますが、「現在この部屋は予約できません」となっているようです。私達の予約は大丈夫でしょうか?」と送りました。

すると「Your room is OK.」とたった4語の返信が来ました。

この時点で不安はありました。ただ、新たに部屋を探すのは時間も手間もかかるのでパートナーと相談し、そのままにしました。

そして事件は起きました。

チェックイン4日前の夜になって「あながた予約した部屋に問題が発生したので、別の部屋に泊まってください。場所は市ヶ谷です。気に入らない場合はこの予約はキャンセル処理します。」というメッセージが来ました。

ちょっと待って。
予約した部屋は池袋であって市ヶ谷じゃない。
このホストが信頼できないのでキャンセルしようと思いましたが、3日前でも空いている民泊やホテルは評価が低いか高額のどちらか。

代替えの物件のリスティングを確認するとレビューは「清掃がきちんとされていない」等の評価が多く、清潔な部屋を重視する私達は代わりの部屋に泊まることを躊躇いました。

「こういう時Airbnbならトリップエクスピリエンス(カスタマーサポート)に連絡できるのに」と思った私は「Booking.comにもカスタマーサポートがあるはず」と思い、問い合わせてみました。

すると、Booking.comの担当者からとても丁寧な回答が来ました。
ホストが言う事は全く信用できませんでしたが、Booking.comの担当者から「なにか問題があればすぐに連絡してください。」と心強いメッセージをもらったので、代替えの部屋に泊まることにしました。

チェックイン当日まで本当にチェックインできるのかさえ謎でしたし、予約した部屋とは違いましたが、4日間その民泊施設で過ごしました。

清掃レベルも他の方のレビュー通りでしたし、その民泊施設が民泊新法の規定をパスしているのかは正直疑問でした。

私達はこれまで国内外50軒以上民泊施設に泊まっているので、今回の経験だけで民泊に対するネガティヴなイメージは抱きませんが、もしこれが「はじめての民泊」だった間違いなく民泊に対して良いイメージは持たないでしょう。

今回の件で学んだのは
・ホストのコミュニケーションや対応に少しでも疑問を感じたらキャンセルする
・早めに予約した場合は、チェックイン1〜2週間前に更新されたレビューも参考にする
・ Booking.comのカスタマーサポートはいざという時頼りになる

airbnb 3700円割引クーポン

ホテル予約 2000円 キャッシュバック

この記事を書いた人

フルタイムトラベラー、4年目。
Airbnbで家を借りながら世界各地で暮らす旅人。ライター。翻訳家。
LINE トラベルjpナビゲーター。

三谷めぐみをフォローする

コメント