World Nomads(ワールドノマド)日本語ガイド | 海外からも入れる海外旅行保険

World Nomads 日本語ガイド(c)Megumi Mitani Argentine

こんにちは!フルタイムトラベラー、三谷めぐみ (@meg_intheworld)です。

今回はノマド生活に必須の海外旅行保険について。

日本と海外を行き来するノマド生活4年目の私がお世話になっているのは、海外からも入れる海外旅行保険World Nomads(ワールドノマド)

こちらのページでは、私がWorld Nomadsを選んだ7つの理由と、保険料の試算・申し込み方法について画像付きで解説しています。

「World Nomadsってなに?」「なんでワールドノマドが人気なの?」という方や、英語が苦手な方向けに、2016年に日本語解説ガイドを作成しました。それ以来、こちらのページでアップデートを続けています。(注:ブログ読者さんから「当ガイドの模範サイトがある」と教えて頂きましたが、私とは一切関係ありません。ご注意ください。

海外旅行が好きな方、海外生活をしている方、ワーキングホリデーや世界一周を考えている方の参考になれば幸いです!

1. ワールドノマド(World Nomads)日本語ガイドは、「自分の保険料がいくらか知りたい」「申し込み方法を知りたいけど英語が苦手」という方のための日本語完全解説ガイドです
2. はじめてワールドノマドを使う方にも分かりやすいように、画像付きで説明しています
最終更新日:2019年3月19日

World Nomads(ワールドノマド)ってなに?

世界中のノマド、海外旅行好きに人気の保険、World Nomads(ワールドノマド)は24時間365日どこの国にいてもオンラインで申し込みが出来る海外旅行保険です。

これまで日本人の私たちにとって「海外旅行保険」は「日本を出国する前に契約するもの」でした。

「旅行直前に慌てて空港で申し込んだ」という方もいるのではないでしょうか?
日本の海外旅行保険は、一旦出国してしまうと、どんな事情があろうと後からは入れないからです。

ワールドノマドは出国前はもちろん、出国した後もWiFi環境さえあれば5分で入ることができます。

WiFi環境さえあれば、海外からも5分で海外旅行保険に入れる

私がワールドノマドを選んだ7つの理由

実際にワールドノマドで海外旅行保険を何度も契約している私が感じたメリットは以下の7つ。

1. 海外からも申し込める
出発後もOK!海外旅行保険に入り忘れたり、保険が切れた場合でもすぐに申し込める。

2. 保険加入期間、渡航先が自由に選べる
滞在期間に合わせて選べるので無駄がない。

3. 1ヶ国でも数ヶ国でも金額が同じ
世界一周や数ヶ月単位の旅行で複数国旅する時も保険料がは同じ(アメリカを含む場合は若干高くなる:後述)

4. 保険料が安い
日本の海外旅行保険と比較して格安。

5. 携行品補償がある
ノートパソコンやカメラ、スマホなど高価な携行品は最大2,500ドル=約25万円まで補償される。

6. 申し込みが簡単
WiFi環境さえあれば24時間365日、簡単に申し込める。

7. 延長が可能
滞在期間が予定より長くなった場合に保険期間を延長できる。保険期間の延長は忘れがちなので、あまりオススメしませんが可能です。

ワールドノマドの保険料は?

保険料が格安といっても比較してみないと分からないですよね。
参考までに4つのパターンで試算してみました。(金額はUSドル表示)

1. オーストラリアに1ヶ月→148〜164.5ドル

WN2019 (c)Megumi Mitani

2. フランス、スペイン、イタリアに1ヶ月→148〜164.5ドル

ヨーロッパ3ヶ国を1ヶ月旅しても、オーストラリアを1ヶ月旅するのと同じ保険料です。

WN2019 (c)Megumi Mitani

3. アメリカに1ヶ月→195.50〜214ドル

アメリカは保険料や医療費が世界で最も高い国のひとつなので、他の国よりちょっと高め。とはいえ、1ヶ月200ドル!

WN2019 (c)Megumi Mitani

4. 世界一周を1年でする場合→1,530.50〜1,716ドル

世界一周を1年かけてする場合でも16〜18万円です。

以前、世界一周旅行やバックパッカーに人気の日本の保険代理店に1年間の海外保険料の見積もりを出してもらった時は25万円〜と言われました。日本語で申し込めるというメリットはあるものの、金額的にやはり10万円近く違うので、結局ワールドノマドで買うことにしました。

WN2019 (c)Megumi Mitani

ワールドノマド(World Nomads)日本語ガイド

それでは、ワールドノマドの保険料の見積もりと補償内容を確認していきましょう。

1. 保険料の試算

保険料の試算は下記のボックスに必要事項を入力するだけ。

World Nomads: https://www.worldnomads.com/

  1. 「Which countries or region are you traveling to?」のボックスに旅行先の国名、タイなら「Thailand」と入力
  2. 「What’s your county of residence?」のボックスに住んでいる国、日本なら「Japan」と入力
  3. 「Start Date」に出発日、「End Date」に帰国日を入力
  4. 「Enter Traveler’s Age」に自分の年齢を入力
  5. 最後にオレンジ色の「Get a price」をクリック
  6. 保険料の試算結果が表示されるまで30秒ほど待ちます。

上記が上手く表示されない場合はWorld Nomads(ワールドノマド)のサイトへ行きます。

補償内容など細かい部分はスマホだと見づらいので、PCまたはタブレットがオススメ


WN2019 (c)Megumi Mitani

ワールドノマドのサイトに移動したら、ページをスクロールして、以下の情報を入力します。

(1)旅行先の国名(数ヶ国行く場合は、ひとつづつ追加します)
(2)住んでいる国(日本在住ならJapan、アメリカならUSA)
(3)出発する日
(4)帰国する日
(5)年齢

入力したら「Get a Price」をクリック。

次のページで保険料の見積もりが表示されます。ページが表示されるまで10〜30秒待ちます。

2. 保険料を確認する

WN2019 (c)Megumi Mitani次のページでは、このように保険料の見積もりが表示されます。
赤枠で囲ってある金額があなたの旅行の保険料です。

Standard Plan(スタンダートプラン)
Explorer Plan(エクスプローラプラン)
と2種類の金額が表示されていますが、この違いについては次のステップで詳しく説明します。

3. どちらのプランにするか決める

ワールドノマドには2つの保険プランがあります。

スタンダードプラン・・・基本的な補償内容(例:医療費の上限は500万ドルまで)
エクスプローラプラン・・・手厚い補償内容(例:医療費の上限無し)
※具体的な補償内容は「6.保険の補償内容を確認する」で説明しています。

日本人の感覚だと500万ドルでも十分に思えますが、海外で緊急手術や手当を受ける場合、私たち日本人の想像を遥かに超える高額の医療費を請求されることがあります

保険料を少しでも安く抑えたい場合スタンダードプランを選びたくなりますが、少額の追加で補償範囲がグッと広がるエクスプローラプランは万が一の時にも安心です。

どちらが自分にとって良いか検討してプランを決めましょう。

・エクスプローラプランは手厚い補償が受けられる(詳細は「6.保険の補償内容を確認する」参照)
・スタンダードプランは補償内容よりも価格重視の人向け

4. Trip Summaryを確認する

WN2019 (c)Megumi Mitaniどちらのプランにするか決めたら、右側にある赤枠の「Trip Summary」を確認します。

ここに表示されているのは、ステップ2で入力した内容です。
旅行先、出発日、帰国日、居住国、年齢に間違いがないか確認しましょう。変更したい場合は、「Edit Trip」をクリックすれば変更できます。

Trip Summaryに間違いがなければ、補償内容の確認に進みましょう。

5. 保険の補償内容を確認する

次に補償内容を確認していきます。

WN2019 (c)Megumi Mitani

「View full description of coverage」の右にある「View」ボタンをクリックすると、保険で補償される内容のPDFが開きます。

日本の海外旅行保険もそうですが、保険の利用規約や補償内容はとても細かいです。PDFを保存して後でじっくり確認するようにしましょう。

申し込みの画面上でも補償内容を確認することができます。
特に重要だと思われるものを順番に説明していきますね。

5-1. 医療費

まずは医療費。「Emergency medical expenses overseas」は海外で緊急の医療治療を受けた際に補償される内容と金額を確認することができます。

例えば、スタンダートプランだと医療費の補償総額は$5,000,000エクスプローラプランだと無制限。突然の病気や怪我による入院費用、処方薬、入院中の理学療法の費用が、最大12ヶ月まで補償されます。

理学療法にかかる費用もスタンダートプランは$250まで、エクスプローラプランは$2,000
入院中に発生するインターネットや通話費用などもスタンダートプランは1日$50、最大$2,000まで、エクスプローラプランは1日$100、最大$3,000までと補償される額が違います。

・エクスプローラプランは最大12ヶ月、医療費が無制限で補償される
・理学療法にかかる費用、入院中の個人的な費用も、スタンダードプランとエクスプローラプランでは1.5〜8倍違う

5-2. 旅行のキャンセルに伴う費用

ワールドノマドでは旅行をキャンセルせざるを得ない場合に発生する費用も補償してくれます。

旅行前にあなた自身や近親者、一緒に旅行をする予定だった人が、事故や病気になって旅行ができなくなってしまったに、予約済みの旅行の費用が補償されます。予約済みの航空券やホテル代、ツアーの料金、ビザ取得費用も含まれます。

スタンダートプランは$5,000まで、エクスプローラプランは$10,000まで補償されます。

また、出発後であっても事故や病気で旅行を続けられなくなってしまった場合もスタンダートプランは$3,500まで、エクスプローラプランは$5,000まで補償されます。

5-3. エクスプローラプランでしか補償されないもの

以下の7項目は、エクスプローラプランの場合に補償が受けられます。

  1. 海外で事故に巻き込まれて手足を失ったり、視力を失った場合、今後働く事ができないと判断された場合→$20,000まで(18歳の場合は$3,000まで)
  2. あなたが海外の事故等で身体障害を抱えたり死亡した場合の学生ローンやクレジットカードの支払い$5,000まで
  3. 飛行機の乗り継ぎに間に合わなかった場合にかかる費用 $1,000まで
  4. ハイジャックにあい犠牲者になった場合 $3,000まで
  5. 現金やトラベラーズチェックを自分が持っていた時に盗まれたり、セーフティーボックスから盗まれた場合 $250まで
  6. レンタカーで借りた車を破損したり、盗まれた場合、事故にあった時の費用 $2,000まで
  7. レンタカーの鍵を紛失した場合 $600まで
・エクスプローラプランはスタンダードプランでは補償されない事項も補償対象になる
当ページで解説している補償内容は重要だと思われる部分を抜粋しています。
全ての補償内容・詳細・保険規約は必ずご自身でご確認ください。

6. ちょっとした社会貢献(任意)

そのままページを下にスクロールすると「Make a difference」という項目があります。

WN2019 (c)Megumi Mitani

これは「寄付」です。
ワールドノマドではチャリティーにも力を入れていて、旅行者にも「寄付しませんか?」と呼びかけています。これまで200万ドル以上、世界中の教育や環境保護団体への寄付が旅行者から集まっているそうです。

「寄付したいな」と思った方は、画面から寄付したい項目を選んで、赤枠で囲った金額を選びましょう。どこに寄付したら良いか分からないという場合は、そのまま進んでもOKです。デフォルトで選ばれているプログラムに自動的に2ドル寄付されます。

「どうしても寄付したくない」という場合は、赤枠下の「I do not want to give」をクリックすると2ドル引かれた金額が最終支払額になります。

・寄付は自由。$2から$10まで好きな額で社会貢献できる
・寄付したくない場合は「$0」か「I do not want to give」を選択
寄付するかしないか決めたら、「Buy Standard」(スタンダードプランで契約する)または「Buy Explorer」(エクスプローラプランで契約する)ボタンをクリックします。

7. 高額携行品補償(任意)

「Buy」ボタンをクリックすると「Costomize Your Policy」というページに移動します。

WN2019 (c)Megumi Mitani

「Your High Value Items」はカメラ、パソコン、スマホ、サーフボード、アクセサリーなど高価な携行品に、1アイテムにつき1,250ドルまで、合計2,500ドルまでの追加補償を付けることができる項目です。

追加補償を付けたい場合は、「Sports Gear」「Tech & Cameras」「Personal Items」のアイコンをクリックして、赤枠で囲っている部分に「Item name(品名)」「Item value(購入額)」を入力します。

2つ以上のアイテムを追加したい場合は「Add High Value Item」のボタンをクリックすればさらに追加することができます。

・高額なカメラ、パソコン、スマホ等に追加補償をつけられる

8. スポーツ等による事故や怪我の追加補償(任意)

「Your High Value Items」の下に「Make sure you’re covered for all your adventures」という項目があります。これは旅行中に、スポーツやボランティア活動をする予定の方向けです。

赤枠の部分にスポーツ名を入力すると、現地でそのスポーツをしている最中に怪我をした場合、保険でカバーされるかどうか確認できます。

WN2019 (c)Megumi Mitani

例えばインストラクター付のスキューバダイビング、サーフィン、スカイダイビングは保険の対象ですが、6,000m越えの登山、ベースジャンピング(モモンガみたいに空を飛ぶスポーツ)など命の危険が高いスポーツは補償対象外です。

個人でのスカイダイビング、6,000mまでのアイスクライミング等は追加補償を付ければ、保険の対象となります。

・スポーツやアクティビティをする予定の方は、補償対象内か必ずチェック

9. 個人情報の入力、利用規約の確認(必須)

ここまで来たらあと少し!

「Add your details」をクリックし次のページへ進みます。

氏名・住所を入力し、「Terms & Conditions(利用規約)」にチェックを入れて「Continue to payment」へ進み、クレジットカードで支払えば申し込みは完了です。

お疲れさまでした!
申し込み完了後、World Nomasからメールが届くので必ず確認しましょう。

保険金請求に関して

旅行中になにごともないのが一番ですが、もし病気や事故、盗難にあってしまった場合、ワールドノマドに保険金の請求ができます。規約内にもきちんと書かれていますが保険金を請求する際、1件につき100ドルの免責金額が保険金から引かれます。以下、規約からの抜粋。

Excess: the amount which you are required to pay per person for each claim arising from any one event. E.g. if you have pain relieving treatment and you pay USD 250, you will be reimbursed USD 250 minus the excess USD 100, thus you will receive USD 150.

例えば、痛みを緩和する治療を受けてその金額が250ドルだった場合、100ドル分が差し引かれるので、150ドルが支払われますよ。ということです。

250ドルの治療でも、2500,000ドルの治療でも一律100ドルなので、治療費が安かった場合は戻ってくる分が少ないと感じるかもしれませんね。海外の病院は高いので全て自己負担よりは良いと思いますが。

保険金請求の方法

保険金の請求はこちらからできます。

「Claim online」ページにある「Start your claim」ボタンをクリックして、ログインします。

WorldNomads Claim(c)Megumi Mitani

自分が契約した保険内容が一覧で表示されます。その中から請求したい保険を選択して「Make a claim」のボタンをクリック。

次のページで「Make a new claim」の中から請求した項目を選択して進めていきます。

24時間緊急窓口

また、ワールドノマドには24時間いつでも連絡ができる緊急アシスタンスサービス(英語)があります。

日本在住の場合は以下が窓口です。電話もメールも英語なので、英語が苦手な方は通訳さんにお願いすると良いでしょう。

Lloyd (24時間365日)
電話番号 1: +353 21 237 8009
電話番号 2: +61 28263 0470
通話料は無料ではありませんが、後から請求することができます。Email: assist@worldnomads.com

日本以外に住んでいる方、日本在住でも2018年12月以前にワールドノマドに申し込んだ方はこちらの連絡先を参照ください。

海外旅行保険に入っていて良かった!南米での体験談

以前からブログを見てくださっている方はご存知だと思いますが、2016年は10ヶ月海外で暮らしていました。6ヶ月アメリカ、2ヶ月アルゼンチン、2ヶ月ブラジルです。

ハッキリ言ってアルゼンチンもブラジルも治安は良くなかったです。

ブラジルからアメリカに戻った日に「あぁ。道端でiPhoneを堂々と使って良いんだ〜。」と思ったことを今でもハッキリ覚えています。

幸い、私は被害に合いませんでしたが、南米暮らしの4ヶ月間はかなり警戒して過ごしていました。

現地であった旅行者やその土地で暮らす人から、盗難にあった話、強盗に入られた話、銃で脅された話を聞きました。

リオデジャネイロでは毎晩のように銃声も聞いたし、ブエノスアイレスでは警察が犯人を取り押さえているところを何度か見ました。

そういう場に遭遇した時に「万が一自分になにかあっても海外旅行保険入ってるんだし、貴重品は全部渡せばいいや」と思えたのは大きかったです。

この感覚は治安のよくない国に行ったことがある人でないと想像しにくいと思います(私もそうでした)が、南米だろうとヨーロッパであろうとアメリカだろうと、日本人は用心した方が良いということです。

アルゼンチンとブラジルの4ヶ月で447ドル=約55,000円(2016年4月のUSD-JPYレート:1USD=123円で計算)だったので「月に13,000円でこの安心感が買えるって安いな〜」と南米にいた時は特に身を持って感じました。

WN 7 reasons (c)Megumi Mitani

2016年4月〜8月まで南米を旅した時に払った保険料

「自分は旅慣れているから大丈夫」とか「危ない国にはいかないから大丈夫」と思っている人でも、旅先では何が起こるかわかりません。自分ではどうにもできないことや、他人に巻き込まれることだってあるからです。

これから世界一周に出る、長期旅行やワーホリに行く、留学する、もしくは今海外に居るけど保険が切れた!どうしよう・・・という方は、一度試算してみてはいかがでしょうか?
World Nomads: https://www.worldnomads.com/

ワールドノマド(World Nomads) 10%OFFクーポン

ワールドノマドは不定期で10%OFFのクーポンを出します。

現在使用できるクーポンコードはありません(2019.2.1 update)

最新のクーポンコードが出た際はFacebookに載せているので、良ければそちらもチェックしてみてください。

この記事を書いた人

フルタイムトラベラー、4年目。
Airbnbで家を借りながら世界各地で暮らす旅人。ライター。翻訳家。
LINE トラベルjpナビゲーター。

三谷めぐみをフォローする